2024年3月4日

クレジットカード現金化を上手に行うにはいくつかポイントがあります。

工夫することによって、手にするまで数日だったり中には1箇月かかる可能性もあります。

フリマやオークションサイトなどを利用すると買い手がつかなかったり、現金が振り込まれるまで時間がかかることが多いです。

率を高くしたかったりスピーディに手続きしたいなら、どのやり方を選ぶかで大きく変わってきます。

ギフトカードは高い率で取引されます

ギフトカードはいろいろな施設で利用できたり、買い物はもちろん宿泊などにも利用できるので人気があります。

カードによっては1,000円や5,000円などの種類があり、金額を調整しやすいので便利です。

サイトやショップで購入できたり、中にはカードを利用できるケースもあります。

率は90%以上と高く、中でも大手サイトで使えるギフト券は人気が高いです。

大手サイトはいろいろな商品を取り扱っているので利用している人も多くなり、専門店で売却するとかなり高い率での手続きを期待できます。

事前にショップを比較検討することによって、お得に取引を行うことができます。

オークションサイトを利用できます

何かしら購入して売却するならオークションサイトもおすすめで、特に価値の高いものや希少なアイテムを売却できるなら、落札価格が高くなり率は100%以上になるケースもあります。

出品できるアイテムはさまざまで現金化をしやすい方法で、少し時間がかかるかもしれませんが、高値を期待することが可能です。

仮想通貨を利用する人も多く、率が非常に高くなるケースもあります。

取引所によってクレジットカードで購入することができるので、仮想通貨を利用するとうまく現金化することが可能です。

価値が下がっている時期に購入したり、価値が上がった時に売却できればより高い率を実現することができます。

ある程度知識が必要になりますが、取引に関する情報が増えているので勉強しやすくなっています。

まとめ

新幹線の回数券などは需要が高いので高い率を期待できますが、カード会社による監視が厳しくなっており、回数券を購入したせいでばれるケースもあります。

1度の購入では大丈夫ですが、連続で購入していると不自然だったり目を付けられることもあるかもしれません。

頻繁に必要になるアイテムではないので、連続で購入するとばれるリスクがあります。

仮想通貨などは高い率での現金化ができますが、仮想通貨ならではのリスクもあるので注意が必要です。

ブランド品やゲームなどを利用して売却する人も多く、事前にどの方法が自分に合っていて、どのようなリスクがあるのかチェックしておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です