2024年3月4日

クレジットカード現金化をするときに必要なものが二つあります。

金融会社にお金を借りることではありませんので、在籍証明書や給料明細ではありません。

面倒なやりとりや手続きは不要となっていますが、現金化するときに何が必要でしょうか。

本人名義のクレジットカードのショッピング枠の残高

クレジットカード現金化はとはクレジットカードのショッピング枠の残高で商品を購入してそれを買取してもらうか、特典でキャッシュバックを受けるものです。

ですから現金化するにあたって、クレジットカードのショッピング枠の残高は必須になります。

本人名義のクレジットカードが必要な業者も多く、残高がきちんと残っていることの確認は必要です。

残高の上限から、業者側の手数料を引いたものが、手元に残る最大の現金化の金額になります。

ですからカードの残高を超えるような、現金化はすることができません。

身分証明書

クレジットカード現金化の商品買取方式では中古品を買取してもらうことになるため、キャッシュバック方式ではより身元の安全を図るため、身分証明書が必要になります。

業者によっては細かい指定があるものもありますが、運転免許証なら本人の顔写真、所在地がすぐにわかりやすくなっているため、例として出されることが多いです。

保険証やパスポートや住民票など、合わせて提出を求められたり、顔写真のみ別途必要なところがあったり業者によって求めるものがさまざまです、
身分証明書の提示は初回のみ求められることもあり、2回目以降は確認作業がなくなるため、現金化までの速度が速まります。

クレジットカード現金化に必要なものとは

クレジットカード現金化に必要なものとは、本人名義のクレジットカードのショッピング枠に残高があること、運転免許証などの身分証明書です。

給料明細のコピーや、会社へ在籍確認などお金を借りるときに返済の目途が立っているか金融会社は確認することがありますが、クレジットカード現金化はそのようなことはありません。

買い物した代金をカード会社から引き落としで返済は終了します。

手続きも簡単で準備するものも少なくて済みますが、安易に使いすぎてしまうと、カード会社への返済が滞ることにもなります。

ですから、あくまで現金化するとき自分で返済ができる範囲の額で現金化をすれば、返済も滞ることなくスムーズに現金化できることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です