2024年7月21日

どうしてクレジットカードの現金化をしようとするのか、この行為そのものにはどんな利点があるのか、どんなデメリットがあるのか、ということを知っておけば、いざ自分がやるべきかどうかということの判断の基準にすることができるでしょう。

借りるわわけではない

クレジットカードの現金化をしようとする時にはその名前の通り、現金が欲しいから行うわけです。

現金を手にする方法というのは色々とありますがお金を借りるとか貯金を崩すということができるのであればそうした方が良いのですがお金を借りることができないような状況の人というのは世の中にいるわけです。

そうした人にとってはクレジットカードの現金化というのはあくまでショッピング枠を使っているということがあってキャッシング枠ではありませんので普通にクレカで買い物をしていることと大して変わりはないということに状況としてはなるわけです。

借金をする、お金を借りるということで目的ローンはよいにしても個人のキャッシングなどはできないというような人は結構います。

職業的にそうであるということがあったりするのでそんな人にとってもクレジットカードの現金化というのはいざという時に借りることはできないが現金を手にすることができる方法として活用できるわけです。

総量規制などが関係ない

クレジットカードの現金化をしようということはお金を借りることに似ているのですが、これはあくまでショッピング枠を使っているということで、個人に対する貸付の総量規制などに引っかかるというようなことが一切ないというのが利点です。

無職、無収入というような状況であったとしてもお金を借りるということはできないにしてもクレジットカードのショッピング額が使えるというのであればそれを現金化するということで現金を手にするということが出来る手段として活用できるのです。

あくまでショッピング枠を使ってカードで買い物しているだけということになりますので信用情報等などにお金を借りたという記録が残るわけではないという点がやはり利点になるわけです。

借りるわけではないのが現金化

クレジットカードの現金化行為そのものに関して言えばこれはお金を借りているというわけではないです。

あくまでショッピング枠を使って、買い物をして次の月にその支払いをするということであり、信用で買い物をしているのは確かですが現金を借りているわけではないのです。

その為、お金を借りることに関する様々な規制に引っかかることはありませんし、お金を借りたという記録が残るということもないです。

実はこの点が嬉しい、助かる部分としてあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です